ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

カーボンキュールの使用方法

交換作業基準

1.機械タンク内の使用液をすべて抜き取る(切りくずも除去する)

2.タンクに、稼動に必要な量の水を溜める(タンク容量の6割程度)

3.機械内を洗浄・殺菌する目的で、水量に対しカーボンフラッシュ3%(30投入する

4.23時間程度循環させ、機械内を十分に洗浄・殺菌する(配管内循環させる

5.カーボンフラッシュが当たらない所や、汚れている所、臭いがキツイ所、タンク辺などは、スプレーで噴きかけたり、カーボンフラッシュで湿らせたウエスなどで拭き取ったりして洗浄・殺菌する

6.機械停止後、洗浄に使用したカーボンフラッシュをすべて抜き取る

7.再度タンクに水を溜め、カーボンキュールCLもしくはALL10%(10倍)投入する

8.稼動直後、ノズルから排出される液がカーボンキュールわるまでの間バケツなどで受け、出来る限り混入しないようにする

9.30分程度機械を稼動し、液の濃度を均一にする

10.カーボンキュールの濃度測定する(規定濃度に達していなければ原液追加)
濃度管理表は弊社ホームページよりダウンロードできます

11.交換作業終了 

カーボンキュールの管理について

  • 1週間に回、屈折計を用いて濃度を測定する
  • 水の補給時は、補給水量に対して3%の原液を投入する
  • 錆が発生した場合は、原液12%追加する
  • 腐敗臭が発生した場合は、原液12%追加する

以上の管理を実施することで、加工性能の安定と切削液寿命が長くなり、コスト低減に繋がります。

141210水溶性切削油・研削油の使用方法.pdf
PDFファイル 316.4 KB